2012年09月06日

薩摩焼

薩摩焼
400年前、文禄・慶長の役で朝鮮から渡来した陶工たちより
受け継がれ、薩摩焼は「白もん」とよばれる「白薩摩」「黒もん」
とよばれる「黒薩摩」があります。
当時、藩主は白薩摩、庶民は黒薩摩と厳密に区別されていました。
白薩摩は、白土に釉薬をかけ、細かい貫入が入り、
上絵付けにより金彩で絵付けをしてあるのが特長で、
黒薩摩は赤黒い土に黒い釉薬でやかれた素朴な焼き物で、
黒千代香などは黒薩摩となります。


白薩摩焼
 このように象牙色の生地に金襴手(きんらんで)と
 言われる上絵付けをした物をいいます。

image11.jpg



黒薩摩焼
  このように伝統の黒い釉薬を掛けた黒千代香などが有名な
  焼き物です。

image.jpg

【関連する記事】
posted by 陶工房さつき at 16:23| 陶工房さつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薩摩焼

薩摩焼
400年前、文禄・慶長の役で朝鮮から渡来した陶工たちより
受け継がれ、薩摩焼は「白もん」とよばれる「白薩摩」「黒もん」
とよばれる「黒薩摩」があります。
当時、藩主は白薩摩、庶民は黒薩摩と厳密に区別されていました。
白薩摩は、白土に釉薬をかけ、細かい貫入が入り、
上絵付けにより金彩で絵付けをしてあるのが特長で、
黒薩摩は赤黒い土に黒い釉薬でやかれた素朴な焼き物で、
黒千代香などは黒薩摩となります。


白薩摩焼
 このように象牙色の生地に金襴手(きんらんで)と
 言われる上絵付けをした物をいいます。

image11.jpg



黒薩摩焼
  このように伝統の黒い釉薬を掛けた黒千代香などが有名な
  焼き物です。

image.jpg

【陶工房さつきの最新記事】
posted by 陶工房さつき at 16:23 | 陶工房さつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。